YogaDoor

お知らせ

2019.09.05

ボクを変えた一言☆ベルリン編まえがきにかえて


これは昨年のGW、ナンシーギルゴフ師によるアジャストメントクリニックへ参加するため、沖縄入りした日の一コマ。

この時、コレでも、ボクを知るほぼ全ての方に『痩せたね~』と驚かれました。今でも、ちょくちょく言われ続けています。
ツトム先生はクリニックが始まる時、会場にいるボクをすぐ見つけられなく、恵子先生も挨拶をした時すぐボクだと気付かなかったと後で言われるほど、でした。要は、驚かれるくらいの変貌だった様です。あくまでその前からの差、ですが。

そんな痩せた自慢がしたいわけではなく(笑)
この時から今日まで、痩せた理由・キッカケについてよく聞かれてきましたが、いつも適当に答えていました。
話せば長くなるのと、軽く答えたくなかったし、言いたくなかったのも、少しあった。

それに今、答えます。


写真はヨガドア1周年記念WSの懇親会での一コマ。
オープンからスタジオを中心的に支えてくれた二人と。現アシスタントのミワさんとミナコさん。本当にありがとう。

話はこの頃に遡ります。
このWSから、どのくらいか経った頃かに、生徒さん方とおそらくヨガドア初めての懇親会を開きました。
宴もたけなわな頃、隣に座っていた生徒さんがボクの顔を覗き込む様に聞いてきました。

『練習しよる~?』

あまりの直球に言葉が出てこなかったし、なぜそんなことを聞くのか、当分呑み込めなかった。
ショックだった。。。あまりにも。
ティーチングを始めてから、足掛け10年。八王子掃除機事件(笑)とか凹んだことは多々あったが、この一言に一番凹んだ。

ボクについて色々なところで『練習しないティーチャー』という批判の声があるのは知っていた。それは仕方ない。
けど、一番近い存在で、沢山話して、一番理解してくれていると疑わなかった人が同じ様に疑問を持っていたことがショックだった。

しかし何より、生徒さんにこんなことを言わせてしまう自分は、ティーチャーとして終わってるとおもった。


自分の先生によくそんなことを言えるなという怒りが先ず最初に来て、そこから凹み、しかしそれはすぐに猛省に変わっていった。
周囲から自分の先生が練習してない先生だという声が聞こえ、さぞ不安だったとおもう、当然だ。
その時シラフだった彼女は、タイミングを見、意を決して質問したと、後日聞いた。

生徒さんにこんな思いを二度とさせてはいけない、どんなことがあっても。安心させるのが先生であるのだから。
そして、自分が解っているだけではダメなんだ、誰が見ても解る様にしないと。それは甘えなんだ、逃げなんだ。

先ずは練習を確実なモノにするため、練習する時間を圧迫することが多かったブログ更新を隅に追いやった。共にオーガナイズも少し弱まった。この2年ブログがあまり更新されなくなったのはこのため。
そしてカラダを絞るため、夜の炭水化物摂取をやめた。これは今も続いている。

こうして、誰が見ても練習している様に、自分を変えていった。

言ってもらえる有難さ。今は、ただただ感謝しかないです。ありがとう。


さて、リアルは成田空港近くのホテルでコレを書いてます。
5年ぶりにナンシー先生のベルリンでのWSに参加するため。やっとタイミングが来ました。


広島空港に何故か恐竜がいました(笑)


空港も色んなことするのね。


今いるホテルがやけに豪華だったという。。。
そして数時間後、いよいよベルリンへ向かいます!
ベルリン編は旧アメブロからレポート予定です!

 

 

 


Keiko&Tsutomu☆2019 第7回 宮島リトリート&広島マイソール 好評受付中!
詳細はタイトルをクリック!↑

Category / お知らせ
2019.08.19

女性向け趣味サイト「Syumily」さんに掲載いただきました☆

先日、といってもつい一週間前。
「一生モノの趣味を身につけよう」をテーマに、. 長く通える身近な教室や先生との出会いを応援する趣味サイト「Syumily」様より取材依頼をいただき、お受けさせていただきました。
全国各地のヨガやピラティスなどのスタジオが掲載されています。知ってるスタジオもいくつかありました。
広島県からの仲間にウチを入れていただくとは、なかなかシブいチョイスかと(笑)

仕事の早い編集チーム様で、お盆も休まれてないのか(笑)原稿を送る度、その日中にはリターンがあり、あっという間にページを完成していただきました。

YogaDoor紹介ページ
スクール情報ページ

こういう文章系は軽く流せない性質で、結構多かった質問項目、更には追加質問にもできる限り全て応えさせていただきました。
こういう機会は今一度自分と向き合うというか、アシュタンガヨガと、スタジオとガチで向き合う良い機会となります。
お陰様で、この原稿との格闘も(笑)とってもヨガな時間となりました。
YogaDoorの想いが載せられたと思います。良かったら、ご一読願います。

そしてもう一つ、見ていただきたいのが。
スタジオ紹介ページのトップ写真!
アシスタントのミワさんの奇跡の一枚。
青汁のCMを超えた感のある(笑)写真をお楽しみください。


Keiko&Tsutomu☆2019 第7回 宮島リトリート&広島マイソール 受付開始!
詳細はタイトルをクリック!↑

 

Category / お知らせ
2019.07.17

実践アジャストメント講座@2019広島

ヨガの指導方法の一つとして、アジャストメントがあります。

生徒さんに言葉ではなく手でポーズを伝えたり、ポーズを調整したりという表的な部分。
身体の中に流れるエネルギーを感じ、開放し、より良い方向へ流していくという内的な部分。

また触れることで、生徒さんの状態をより正確に把握し、適した指導を行うことが可能になります。
生徒さんに適したアジャストメントは、安定感と安心感、そして心地良さを提供できます。

ポーズへの理解を促し、練習をより深いモノへと導いていきます。
生徒さんとの信頼関係の深まりにも繋がっていきます。

アジャストメントがヨガ指導の全てでは、ありません。
口頭での指導を始め、数ある指導ツールの中の一つです。

しかし、生徒さんへより適した指導を行う中で、アジャストメントを安全に的確に行えるという引き出しは、指導者としての幅を広げ、大きな自信に繋がります。

安定したアジャストメントは、生徒さんの集中力を上げ、更なる可能性を感じてもらい、練習をより楽しむ手助けとなります。

そしてアジャストメントを学ぶことで、指導者自身のヨガへの理解が深まり、練習も深まっていきます。


講座の方向性
この講座では、アジャストメントを行なう上での心構えに始まり、安全に行うための注意点を踏まえ、より実践的に、より指導の現場に近い形で学んでいきます。
アジャストメントを実施する、またはしないという判断、初めて来られた方へはどうするべきか等、現場で起こる様々なケースへの対応など、細かな部分まで掘り下げていきます。

講座の骨組み
アシュタンガヨガのアジャストメントをベースとして進んでいきます。
※アイアンガーヨガなど方向性の大きく違うヨガには適さない場合もあります。
アシュタンガヨガのハーフプライマリーまでのポーズで実践を行い、要望があれば追加していきます。
※プライマリシリーズ(1stシリーズ)の半分です。シークエンスは本や動画等で各自ご確認願います。


参加対象
現在指導を行っている方、または今後指導を行っていきたい方。

※ティーチャートレーニングやWSは受講したが、アジャストメントを実践できていない方。
アジャストメントに自信が無く、どうしても躊躇してしまう方。
アジャストメントのスキルアップをしたい、今後取り入れていきたい方。
などに特にお勧めです。

※ご自分が参加対象かご確認したい方は下記連絡先にて、お気軽にご相談ください。

日程
9/22(日)・ 9/23(月祝)
午後13:00~午後17:00 2日間計8時間
両日朝アシュタンガヨガ マイソールクラス 7:00~10:00 参加込み(参加自由)
※他のヨガを実践中の方にもアシュタンガヨガを体験いただけます。
7:00~10:00の間で都合の良い時間に来られ、各自時間内に終了ください。

受講費
¥16,000 単発受講1日¥9,000

定員
8名 最少催行人数4名

会場
YogaDoor yogadoor.net
広島市中区堺町1丁目5-10 フローラル茶柱301
近隣にコインパーキング多数あり。広電「土橋」電停徒歩1分。

受講に際しての補足
なるべく午前中にご自分のヨガ練習をされる、または何か身体を動かしておくことを推奨します。
受講日朝、受講者の方はYogaDoorの通常マイソールクラスに無料でご参加いただけます。
ペアワークをおこないます。お互い心地良く実践できる様、爪を切るなど清潔と安全に、ご協力願います。

お申し込み・お問い合わせ
info@yogadoor.net
090-7549-7712(yoshikazu hiramoto)
※参加対象及び講座内容など、ご不明な点はお気軽にご連絡ください。
ご参加受付中です。


講師紹介
yoshikazu hiramoto
YogaDoor代表。2008年よりアシュタンガヨガを実践し、2年後クラスを開始。
chama先生、タリック先生への師事を経て、2012年よりヨナシロツトム師から学び始め、同年より師の師であるナンシーギルゴフ師からも学び始める。
以降、日々の実践・ティーチングと共に、毎年ナンシーギルゴフ師のアジャストメントクリニック、ヨナシロツトム師、恵子アームストロング師のWS等へ参加し修練を続ける。
クラス開始よりアジャストメントを指導ツールとして着目し、以降アジャストメントの探求と実践に注力を続け、毎年師に修正をいただきながら、指導を磨き日々深めている。

Nancy Gilgoff  Primary series Adjustment Clinic 修了
Nancy Gilgoff  Intermediate series Adjustment Clinic 修了
Nancy Gilgoff Third series WS 修了

David Swenson  Teachers Training 修了
chama Adjustment course Level1&Level2 修了

Category / お知らせ

拝啓、アシュタンガヨガ

2008年10月~現在。
ヨガを始めた年から今日まで書き続けてきた、私の代名詞でもあるブログはこちら。


PageUP