YogaDoor

日々

2020.01.22

今年も嬉しい訪問がありました☆


一昨日月曜朝のマイソールクラスに、北九州からひとみさんが参加してくださいました。
ひとみさんは2013年の第1回Keiko&Tsutomu宮島リトリートから今日まで、ほとんどの広島でのWSに参加してくださっています。
こうして、WS以外の通常のクラスにもフラッと毎年訪れてくれて。それがまた、とても嬉しいです。


とても熱心で、マメに各地でのWSにも参加されています。練習はいつ拝見させてもらっても実直と堅実です。
先日の唐津でのツトム先生WSにも参加された様で、その時の様子や先生のお話などを沢山シェアしてもらい、皆で楽しく語り合いました。

今では北九州で自分のクラスをされていたり、WSを主催されたりもしています。今回はそんなひとみ先生に沢山話してもらいたくて、できるだけ聞き手になりました。
アシュタンガヨガへの熱い想いを語る彼女は逞しく、活き活きしています。

2013年に出会った頃とは随分と変わられました。
毎回会う度に明るく躍動的になって、今は力強さと背負ってる感を感じます。
ボクの中では、アシュタンガヨガと出会い実践を続けることで、人は変わっていく輝いていく様を体現してくれている存在でもあります。


彼女がクラスを持ちオーガナイズを始めたことで、共感できることも増え、同志感が強まって話せることも増えました。
お互いタイミングも良かったんでしょうね、気付けば新幹線ギリギリまでランチもせずに話し込んでいました。

こうして離れていても繋がっている仲間の存在は大きな支えになり、励みになります。
共に同じ道をどこかで走っている仲間がいるから、また続けられます。


2周年に続き、オリジナル3周年クッキーをプレゼントしてくださいました。感激です。
現在お休み期間中だったミワさんも参加。ひとみさんも大喜びでした。


通常クラスでしたが、それはまるでひとみ先生をゲストに招いたWSそのままな感じでした。楽しかった。
お互い日々それぞれの居場所で、また明日から繋げていこう!
そう強く思えた素敵な時間でした。そんな仲間がいることに感謝です。

ひとみさん、ありがとう!
またフラッと遊びに来てね!

Category / 日々
2020.01.16

また泣きました☆


昨日朝のビギナークラスで、すんごく嬉しい声を聞かせてもらえました。

昨年より定期的に来られている方にヨガを継続することで起こる変化について話していたところ。
数年通ってくださっている、いつものメンバーさんがポロっと。

『私もヨガを続けているのは、練習している時が爽快だからということよりも、その他の日常生活が快適になるからなんですよ』

例えば、ご飯を食べること一つであったり、と。そんな話を聞かせてくださいました。
もちろん、その方はいつも素晴らしい練習をされて、気持ち良さそうに帰って行かれてるんですが。
とても自然に出て来た思わぬ想いに驚かされました。説得力のある心の声、本音でした。

嬉しかったな~聞いた時にすでに込み上げてきてしまってたけど、人前なので耐えました(笑)
自分が思っている以上に、生徒さんにちゃんと伝えたいことが伝わっている。それで生徒さんの生活が少しでも豊かになっている。
これほど嬉しいことはありません。冥利に尽きるとはこのことです。

その昨年からの方も、東広島近郊から足を運んでくださり子育て等もあり、どうしても毎週というわけにはいきませんが『もっと沢山ココに来て練習がしたいです』と目をキラキラさせて言ってくださり、本当に昨日は皆さん帰られてから涙涙のお昼でした(笑)

いっぱい泣いた三年でしたと、前回書きました。
たまーに、こんな嬉し泣きもあります。これがあるから続けて来れました。
だから、すべて生徒さんのおかげなんです。生徒さんが教えてくださるんです。大切なこと。

ポーズを練習する先にあること。
ヨガを通して生活が豊かになっていく。
私たちが目指しているのは、いつもそこなんです。

ありがとうございました。
嬉しかった。

Category / 日々
2019.09.02

残してくれたモノ☆残していきたいモノ


ベルリンからキャスリンが来てくれたあの日から、ちょうど昨日で一ヵ月。
この岩国錦帯橋空港での別れも、もう随分と前の様だ。アシスタントのミワさんの写真が相変わらず冴えてる、有難い。


数日前、行きつけの美容室でこんな本を見た。
驚いたのが、作者がマシンガンズという芸人の方だということ。画を書いているのが奥様ということに更に驚きというかホッコリ。
芸人としての収入が厳しく、奥様の妊娠を機に清掃員を始めたそうです。今はその現実を受け入れ、この仕事があって芸人を続けられることを感謝しているとか。わかるわ~でも今回のテーマはそこでは無いので広げませんココは(笑)
でも、何が当たるか、キッカケになるか解らないもんですね。腐っちゃダメですね、ムダなことなんて無いんですね。


ナンシーが初めて宮島に来た時に驚いたのが、ゴミを拾う姿。
それから何度も宮島に来てくれていますが、何度も見てる画です。
とても自然に当たり前の様に拾って歩き続けます。ボクの仕事はそれを受け取ることです(笑)
普段生活してて、そんなことする人あんまり見たこと無かったのでビックリしました。

そして、一ヵ月前のキャスリンの来広。
宮島でまたゴミを拾う人を見た、それも以前見た時よりも激しく拾う人を(笑)
キャスリンは、今日は清掃活動に来たんですと言わんばかりにゴミを拾っていた。
この人、本気なんだって。好感度、人の目を意識したりとか、そんなことの為じゃなくて。
本当に世の中が少しでも優しくなって欲しい、良くなって欲しいという願いから。


キャスリンが発ってから、ボクはレジ袋をもらわない様に徐々になっていった。
キャスリンは一度も強制や押し付けはしなかった。淡々といつも通りの生活を見せてくれた。
何だろう、自分もそうしたいと自然と思うようになり、気付けばマイバッグを持参する様になった。
そうすると何が起こったか。気分が良かった。

お店の方も手間が省け、反射的にありがとうございますと言われる。ありがとうが一つ増えた。
家に溜まっていくビニール等、様々な袋が減ってスッキリしていく。心地良い。
自己満足だろうけど、少し優しくなれた気がした。これだけでも良いことだ。

キャスリンもナンシーも、行動を見せてくれ、優しい気持ちを残してくれた。

キャスリンがデザインした、お土産のトートバッグが買い物で大活躍中です。ありがとうキャスリン。


こういうことをアシュタンガヨガを通して、お伝えしていきたいです。
それがゴミ拾いでも、マイ箸やマイバッグでも何でもよくて。
少しだけ優しくなったり、気分が良くなったり、心が軽くなったり。
大切ところは自分から、そうしたいと思い始めること。とても自然に。

アシュタンガヨガって、そんなヨガだっけ?そんなこと起こる?
そんなヨガです。そんなこと起こります。

キャスリンやナンシーを始め、ボクの周りにはアシュタンガヨガを通して、そういう心持ちを伝えてる先生が何人もいます。
アシュタンガヨガは、優しくなれるヨガなんです。
世の中にも。人にも。自分にも。

だからボクは、このヨガが大好きなんです。


Keiko&Tsutomu☆2019 第7回 宮島リトリート&広島マイソール 好評受付中!
詳細はタイトルをクリック!↑

Category / 日々

拝啓、アシュタンガヨガ

2008年10月~現在。
ヨガを始めた年から今日まで書き続けてきた、私の代名詞でもあるブログはこちら。


PageUP